手軽に利用できるイモトのwifi|成田空港で受け渡しが可能で便利

アナログ電話回線の必要性

スマホ

歴史と購入の仕組み

電話加入権とは、アナログ電話回線を使用するために必要な権利のことで、正式には施設設置負担金のことを指します。これはその名の通り、アナログ電話回線を家庭に設置するための費用のことで、もともとは戦後復興時のアナログ回線を普及するのに必要な、電線や電柱を整備するための費用を捻出するためのものでした。その結果、アナログ回線は全国エリアで使えるようになりました。しかし、現在ではアナログ回線に変わるサービスや光ファイバーによるデジタル回線が登場し、電話加入権の必要性について取りざたされている状態です。電話加入権を新規契約する場合は、前述の施設設置負担金として36,000円と、契約料の800円が必要となりますが、実はこの電話加入権は譲渡や継承といった行為が可能です。例えば、親が子どもに対して電話加入権を譲る場合は譲渡、親が死亡したさいに相続する場合は継承となりますが、いずれも必要な書類を用意すれば、契約料の800円のみで電話加入権を使えるようになるでしょう。そして譲渡の場合、相手が第三者でも可能です。そのため、中古の電話加入権については、ネット上などで売買されており、新規購入するよりはるかに安く手に入れることができます。というのも、電話加入権は一度購入すると、不要になっても電話会社が買い取ってくれるわけではなく、あくまで利用休止という扱いにするだけだからです。利用休止にすれば、最大で10年間は預かってくれるという仕組みになっています。